FC2ブログ

ワシントンDC旅行記・12(MLB)

子供の頃からスポーツ観戦(主にTV観戦ですが。)が大好きなのです。
当然「アメリカで行ってみたいところ」という質問にも
「なんでもいいからスポーツ観戦」とリクエスト。
アメリカでスポーツ観戦て特に楽しそうな感じがしませんか?
バスケやアメフト等アメリカで盛んなスポーツは色々ありますが、
ちょうど野球のシーズンだということで、地元ワシントンDCに本拠地を置く
ワシントン・ナショナルズ(通称ナッツ)の応援に行きましょうということになり、
ナショナルズパークに行ってまいりましたよ
DSCN0817.jpg



ちなみにこのナッツ、はっきり言って弱小球団だそうで
普段は球場も空席が目立つのだそうです。
が、この日は対戦チームがNYメッツ・週末開催という好条件の上、
今年加入の超大型新人投手が先発だったため球場は満員御礼!
(大リーグは最下位からドラフト指名できるので、
下位のチームにもスター選手が加入したりするんですよね。
日本もそうすればいいのに。)
39番のユニフォームを着たファンが目立ちます。

DSCN0821.jpg
DSCN0822.jpg


ちなみにその大型新人くん、名前を憶えられずにずっと
「大型新人」「39番」等と呼んでましたが
「スティーブン・ストラスバーグ」という名前のようです。
何年後かに超有名になったら「ルーキーの頃アメリカで観てきたんだぜ!」と
自慢しようと思うので、今調べてメモ代わりに書いておきました。笑。
ちなみに11番の選手も人気みたいでしたよ。


私達の席の前後はメッツのユニフォームを着ているファンも結構多く、
「もしやここアウェイ席?」と思った私が超簡単に日和って
「周りに怒られたら嫌だからメッツの応援しとこうかな。」と言い出したら
tomoさんが「何を言ってるんだ!ナッツに決まってるじゃないか!」と
地元愛を発揮したので、またまた簡単に日和ってナッツの応援をすることに。
(そんなtomoさんもストラスバーグ投手の名前を憶えていなくて
「大型新人」と呼んでましたけどね。笑。)

ところで、試合のチケットを取る前にtomoさんから「3日の13時35分と
4日の16時10分とどちらの試合がいいですか?」と問い合わせをされ、
「デーゲームは暑そうだから少しでも楽そうな16時10分」と回答したら、
「残念ながら16時10分でも十分に暑いです。 この時期は8時過ぎまで
日が沈まないです。」と言われてしまいました

その言葉通り16時過ぎでも太陽は真上!!!
文字通りの焼け付くような日差しが容赦なく照りつけ、暑い!そして痛い!!!
強力タイプの日焼け止めも全く対抗できていない気がします
日本では断然ドーム球場より屋根無しが好きな私ですが、DCこそドームが良い!
試合がどう見えるかではなく、日陰の席こそ特等席だ!と思いました

DCの暑さは日本の蒸し暑さとは異質の暑さで、この強烈な日差しに
帽子・サングラスは最早標準装備、「暑くて上着を着る」というのを
生まれてはじめて経験致しましたが、特にこの野球観戦に関しては
滞在中1番ではないかという灼熱の暑さでございました
暑さに滅法弱いのでみるみる生気を失い、
寝ていた訳でもないのに時々記憶を失っていたという…
堪りかねて途中で日陰に避難した軟弱者です

DSCN0840.jpg


試合の雰囲気はというと、途中途中でアナウンスがあって
手拍子や歌(MLBのお馴染みのあの歌)の指示はあるのですが、
日本のように応援団主導で「かっとばせ~」とかそういう感じではなく、各
自勝手に盛り上がっている感じ。
タオルトス等のイベントも気がついたら始まっていて
あっという間に終わっているという超スピーディーな進行。

面白かったのがこの球場の名物イベント、
4人の大統領(ワシントン、ジェファソン、リンカーン、ルーズベルト)のレース!!
意外にも全力疾走着ぐるみなのに結構早くてあっという間に駆け抜けていきましたが、
このレースでルーズベルト(以下テディ)は1度も勝ったことがないそうで、
この日も途中までいい感じで走っていたのが最後は最下位に沈んでおりました。笑。
ハルウララ的人気のようで「Go!Teddy,Go!」といちばんの声援を受けておりましたよ☆
一応動物のキャラクターもいるようですが、このチームの顔的キャラクターは
間違いなく大統領ですね。
日本人の首相に対する感覚とアメリカ人の大統領に関する感覚は全然違うんだと
実感できるキャラクター達でもありました。

DSCN0827.jpg
DSCN0831.jpg
DSCN0833.jpg

で、肝心の試合の方ですが、残念ながらメッツ先制、途中で追いつくも
すぐにまた引き離され…というグダグダな展開。
期待の大型新人も打ち込まれ早々に交代。
前方の席でひとり観戦していた熱いメッツファンの男の子
(オレンジのメッツのTシャツを着ていたので勝手にオレンジ君と命名。)は
大喜びで後ろの席のメッツファンの太った男性とハイタッチしている。
オレンジ君は試合中喜びをいちいち誰かと分かち合いたかったようで、
度々この後ろの男性を振り返るのだけど、友達と話していたり
ホットドックに夢中でかぶりついていたりで時々気づいてもらえてないのがおかしい。笑。

このままメッツに追いつけないまま終わるんだろうな…という空気が球場を包み、
諦めの早いアメリカンは8回頃にはゾロゾロ帰っていく始末…

それでも日が傾きかけて、やっと私が少し暑さから息を吹き返した最終回、
ここでドラマがありました!!
9回裏のチャンスにホームランぽい当たりが出てメッツに追いつくと、
後続のバッターも続いて劇的なサヨナラ!!
ナッツ最後の最後で快勝です
諦めずに(暑さに負けながらも)最後まで応援した甲斐があった!!

DSCN0837.jpg


日本だったらここでヒーローインタビューとか
選手がホーム側に来て観客に挨拶とかあるとこだと思いますが、
そういうのは一切なしで、勝利の余韻を皆で味わうことも無くあっさり終了しました。
チームと観客の一体感とかそういう方向は目指してないんでしょうかね?
日本のスポーツ(主にサッカー)の試合を見慣れた私としては少々びっくりでしたが、
ここらへんもちょっと国民性の違いが出たような?

DSCN0838.jpg

tomoさんがTシャツを買いたいということなので売店も見学。
良い試合だったせいか盛況でよく売れている。
おかげでtomoさんの狙ったTシャツはラスト1枚、
若干傷みあり品しか残ってなかったです。残念

DSCN0842.jpg


すごく楽しかったので日本でもナッツの応援しよう!と決意した私ですが、
残念ながらその後見かけたスポーツニュースの大リーグコーナー
(日本人選手の出た試合しか報道してないですが。)でも未だナッツをみかけておりません。
選手もろくに知らない超絶にわかファンですが、
日本でナッツを応援してる人はほとんどいないと思うので、
今後たまたま見かけた時位は地味に声援を送りたいと思います
スポンサーサイト