FC2ブログ

ワシントンDC旅行記・10(アレキサンドリア)

7月3日
この日は古都アレキサンドリアへ。
石畳にレンガ造りの建物が並ぶ旧市街は歴史保護地区なんだそうです。

駅の近くから港まで続くキングストリートという大通りが観光の中心地。
ここを走る「キングストリートトロリー」という可愛い無料バスがあるというのでバス停で待つも、
20分間隔のはずがやって来ない…。
(またこの展開…どうもバスには縁がないようです。)
近くのおじさんが「11時半からだよ」と教えてくれたので徒歩で向かう事に。
DSCN0602.jpg DSCN0662.jpg

通りに並ぶお店は可愛くてふらりと立ち寄るのも楽しいし、
距離的にも徒歩で充分行ける距離だったので、むしろ徒歩で正解だったと思います。
観光地なんだけどどこかのんびりしていて、なんだか凄く好きな感じの街だと思う。
雑貨屋さんやカフェ、ネイルサロン、古本屋、アンティークショップ、
子供服のお店等々通りから眺めているだけでも楽しい
DSCN0621.jpg DSCN0620.jpg
DSCN0646.jpg
DSCN0626.jpg DSCN0623.jpg


土曜日だったので市庁舎前のマーケットスクエアでは市場が開催されていたようで
(アメリカで最も古い市場だそう。)、お花屋さんや果物屋さんが
おそらく最後のお客さんに販売したり、撤収作業をしたりしてました。
DSCN0638.jpg
DSCN0639.jpg
DSCN0637.jpg

マリーナ。
DSCN0666.jpg
DSCN0670.jpg
DSCN0669.jpg
自転車置き場も可愛い
DSCN0671.jpg


魚雷工場美術センター。(小さな制作室兼ギャラリーが集まっている。)
DSCN0672.jpg


スタブラー・リードビーター薬局。
ワシントン婦人も顧客だった18世紀~19世紀に営業していた薬局です。
今では博物館になっていて、レトロな佇まいに「これは絶対写真を撮っておくべき!
もしかしたら資料になるかもしれないし!」とまたもや下心満々で挑む
DSCN0731.jpg

薬局の戸棚とかって可愛いですよね!
アンティークなガラス瓶や秤がズラリと並んでいるのを見てるとときめきます
DSCN0686.jpg
DSCN0717.jpgDSCN0697.jpg
tomoさんも今まで来るたび休業日だったとかで熱心に写真を撮っている。

そんな私達から溢れる熱意を感じ取ったのか、
とても感じのいい若い女性スタッフがガイドツアーを熱心に勧めてくれたのですが、
「私達、英語が不充分だから」とお断りすると
「あ~、そうなのね。了解了解。」と申し訳無さそうに笑顔で諦めてくれる。
ここで私がハードルを一気に引き下げたおかげで、
売店でtomoさんがお買い物時に 小銭までキッチリ正しい額で払ったら
「パーフェクト!」と褒めてくれてました。笑。
おねえさん、そのひと在米3年(位?)ですよ!
(私は最後まで小銭難しくて全然ダメでした~
クォーターまでしか解んない!細かすぎ!)

写真貼ってたら長くなってきたので分けます。
11へつづく。
スポンサーサイト