FC2ブログ

「マンガでやさしくわかる 親・家族が亡くなった後の手続き」

お友達漫画家さんのあべかよこさんから
お仕事されたご本を頂戴したのですが、
とても良い本なのでご紹介させて頂きますね。


この本のテーマになっている相続を含め、
介護・お墓・葬儀・法事・遺品の整理に不動産の売却…等々
人生の最後に必要になる様々な事柄を
2年前に独身の親戚が亡くなる前後の数年間、
我が家で全て担当したもので、これは身近で体験した
興味深いテーマの本でもあります。

しかししかし、終活にまつわる事柄って、
「準備するみたいで何かいや」みたいな気持ちが先になって
本人が生きている時には、本人も周囲の人間も
ついつい先送りにして向き合うことを避けてしまったりしがちです。
(本の中で亡くなった方の家に残されたエンディングノートの
ほとんどが白紙というので苦笑してしまいました。)

ただ、先送りしている間に本人が弱ってくると、
その辺のことを訊くのはより生々しくなってしまって
さらに難しくなってしまうので、これはやはり
出来るだけ元気なうちに色んなことを決めておいた方が
良いのではないかと思うのです。
亡くなったご本人の意思を尊重して、
残された人が揉めたり嫌な思いをしないためにも。

本を読めばわかるけど、やる事がまあ本当に沢山あるよ!
書類とか届け出とかもいっぱいだよ!期限もあるよ!
それはそれは大変です。

そんな向き合いにくいテーマも流石あべさん、
読みやすく、時に小さな笑いまで挟んで扱っています。
煩雑な内容なのにスイスイ読んじゃいましたよ。
キャラも立っていて読み物としても楽しいです。
流石このジャンルのベテランさんだよ。確かなお仕事だよ。
出来れば2年前までのまさに色々やってた時に読みたかったよ…!

私もたまにやらせて頂く機会があるけど、
実用漫画って漫画家の力量の出る難しいジャンルですよね。
伝えるべき内容が明確にあって(大抵とっつきにくい内容)、
それを興味を持って読み進めてもらいためのネーム力が要求されて、
そこがしっかりしないと挿絵のついたただの説明文になってしまう。笑。
このジャンルでお仕事される方も勉強になる本だと思います。
スポンサーサイト