2009年07月

ボー・スィエル

ネットでたまたま見かけた「フランス人の店」のパン屋さんが
気になったので行ってみました。
四街道のみそら野という住宅街の寂れたシャッター商店街
唯一といった感じで繁盛しているお店で、店内には何故こんなとこに
こんな本格的なパン屋さんが!?と思わずにいられない、
見るからに美味しそうなパンや焼き菓子や輸入食材が並んでおりました

1235375050_70.jpg


散々迷ってカンパーニュ・バゲット(まだほんのり温かかった)と焼き菓子購入。
お店の外からはパンを作っているところが見えるのですが、
職人さんが凄く楽しそうにパンを捏ねていたのが印象的でした

バゲットは翌日の朝食用だったのですが、
折角の焼き立てで勿体無かったので、おやつにちょっとだけ味見。
小麦粉のいい香りがして、皮はパリッとしてて、中はしっとり柔らかい
風味豊かなバゲットは絶品でした
母も「パリで食べたのより美味しいかも!」と大絶賛
このお店近所にあったら通いまくって
全商品制覇するのに!と思いました。

ちなみにここのパン、四街道のヨーカドーと麻布と田園調布の
ナショナルというお店でも買えるそうですよ☆
スポンサーサイト

戦国漫画周辺のつぶやき☆

お礼が遅くなっちゃいましたが、
「イケメン戦国武将情愛編」読んで下さった皆様、
有難うございました

発売前に「どの姫を描くかは発売されるまで秘密~☆」とか
言っていたのですが、
よく考えたら取り上げた戦国姫にほとんど知名度がなかったので
当てようが無いという…

「豪姫?誰ソレ?」でしたね。すみません…

豪姫に関しては掲載誌を読んで頂くとして、
豪姫のダンナの宇喜多秀家という戦国武将
(そもそもこの人に知名度が無いのが…。)が、
結構好きになってしまった私です☆

この方、養父の秀吉のお気に入りでかなり可愛がられて育ったようで、
(きっと美男子だったこともポイント高かったに違いない☆)
ボンボン育ちらしく人柄は良いんでしょうけど、
戦国の世にあってはちょっと頼りない感じの人だったみたいです。
(漫画でも描きましたけど、しょうもない理由で宇喜多軍主力脱退してますし…
関ヶ原の際も豊臣家どっぷりで育った素直な秀家さんは、
「(小早川秀秋も)秀吉の養子なんだし、恩のある豊臣を裏切るわけ無い」
なんて言ってたそうで、
石田三成(「天地人」で小栗旬が演じてる人です。)に
「極楽人にておわします。」なんて言われてたとかで、
これはかなり好きなエピソードだったりします。
(結局小早川秀秋が裏切った事で西軍の敗退が
決定的になっていくのですが…
暗殺を繰り返した実父と対照的で、なんだか面白い親子だと思いました☆

先週「天地人」を見ていたら、一瞬ですが秀家さんが出てきて、
ちゃんとイケメンの俳優さんが演じていたので
ちょっと嬉しくなってしまいました
これから関ヶ原に向けて出番が増えると良いな~~。
漫画を描いてる間は寝ても冷めても豪姫や秀家の事を考えて過ごしていたので、
なんとなく思い入れが強くなってしまって、
知名度UPするようひそかに応援している私であります☆
(描いてて一番楽しかったのは実は秀吉なんですけど…★)


で、次回の戦国姫ですが、次は「伊達政宗特集」なので
「愛姫」(めごひめと読みます。可愛い)を取り上げております。
伊達政宗といえば戦国随一の歴女人気を誇る武将ですので、
さぞかし資料があふれているかと思いきや、
資料集めが前回以上に難航しました
(勿論政宗に関してはあるんですけど、愛姫の逸話までとなると…

今回も前回と同じようなとっつきやすい学習漫画風ではありますが、
前回よりちょっとストレスフルな内容になっちゃいました 。
しかし、愛姫は結構好きな私です

「愛姫」掲載誌情報確認しましたら、またお知らせしますね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。